薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

出産後脱毛症分娩後脱毛症産後脱毛症とも言います。



出産後脱毛症の症状

赤ちゃん文字通り、赤ちゃんを産んだ後に起こる脱毛症のことです。
出産をした人の4割が経験していると言われています。

一時的に抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなり全体に薄くなったりします。ときには、一度に大量に抜けたりすることもあり不安になりますが、あまり心配する必要はありません。

なぜなら、他に薄毛となる要因(たとえばストレス、など)がなければ、ほとんどの場合、髪は時間がとともに自然と回復してくるからです。

出産後脱毛症の原因

ママと赤ちゃんたちなぜ赤ちゃんを産んだ後、毛が抜けてきてしまうのでしょうか。
じつは女性ホルモンが関係しています。

妊娠中に増える女性ホルモン

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが増えます。このプロゲステロンには髪の毛の成長を助け、またヘアサイクルのうち髪の毛の成長期を長く持続させる作用があります。妊娠中に髪の毛の量が増えたと感じたり、体毛が濃くなるのはこれが原因なのです。

出産後もとに戻る女性ホルモン

出産後、プロゲステロンは妊娠前の量に戻っていきます。プロゲステロンの作用によって成長していた髪の毛はこのとき一気に抜けていきます。

これが出産後脱毛症の正体です。

このあと髪の毛は本来のヘアサイクルに戻っていき、じょじょに元の髪の量に戻ります。
人によって異なりますが、だいたい6か月~1年で元に戻るようです。

出産後脱毛症の対策

通常は自然に治ってしまうものなので、とくに対策や治療は必要ありません

女性看護師さんしかし、高齢出産のため髪の量がなかなか元に戻らないとか、異常な量の抜け毛でほとんど頭髪がなくなりそうになっているなどの場合は、医療機関で受診することをお勧めします。

また、ストレスや生活習慣などが原因で抜け毛が続いている場合もあります。これらの原因に心当たりはないかチェックし、当てはまるものがあれば改善を心がけてみてください。生活習慣の改善についてはこちら。

当てはまるものがなく原因がまったく分からない、という場合は医療機関での受診をお勧めします。出産後脱毛症用の育毛剤も販売されており、これを利用することも良いと思いますが、不安を早めに取り除くためにも、一度専門医に診てもらうことをお勧めしたいと思います。



スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ