薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

スキーを楽しんだら髪がボロボロになった

スノーボードをする青年

寒いが続きますますが、みなさんの地方では雪による生活への影響はないでしょうか?

夏はどなたも紫外線対策をしっかり行っていると思います。

しかし、冬の季節はどうでしょうか?

今回の記事は冬における紫外線の影響についてです。

雪の影響

スキーをする青年多くの方が、この時期、雪のある地方へ出掛けて、スキーやスノーボード、少ないかもしれませんが雪山登山などを楽しんでいらっしゃると思います。

スキー場などで、サングラスをかけた女性が髪をなびかせて斜面を滑降する姿を見ますと、管理人は素直に“カッコいいなぁ”と思ってしまいます(笑

でも、紫外線の影響を考えると、髪への影響が心配になってしまいます。

紫外線の強さ

スノーボードを楽しむカップル一般に紫外線が強いのは夏であり、冬場はそれほど強くないので、あまり気にしていない人が多いように思います。

晴れた日に、紫外線への対策を何もせず、スキーやスノーボードを楽しむことは、髪の毛に対して、どれほどの影響があるか考えてみたことがあるでしょうか?

雪はアスファルトや土に比べてはるかに多くの紫外線を反射します。
髪はこの雪からの反射した紫外線によって、傷めつけられ、相当なダメージを受けます。

このダメージ自体が、抜け毛に直接結びつくわけではありませんが、髪の毛を構成するタンパク質を壊し、また頭皮にもダメージを与えてしまうのです。

冬の紫外線対策

ではどのような対策をしたら良いのでしょうか?

雪の積もった屋外へ出るときは、髪全体を覆うような帽子をかぶるか、紫外線の影響を防ぐヘアスプレーを使用するようにしましょう。

これは晴れた日だけでなく、曇りや雨の日にも行ってください。太陽光を直接浴びない曇りや雨の日であっても意外に多くの紫外線を浴びているのです。

そして、日中の対策だけでなく、アフターケアも行うようにしてください。

帽子をかぶったりヘアスプレーをしていても、髪や地肌へのダメージはゼロではありません。その日の夜、シャンプーやコンディショナーを使用して、髪に栄養を与え、保湿するよう心がけてください。

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ