薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

老人性脱毛症

老人性脱毛症、これは人が歳をとった結果、老化現象のひとつとして現れてくるもので病気ではありません。

男女の区別なく発症します。

また年齢的にはだいたい60歳以上からの発症となりますが、厳密なものではありません。55歳で薄毛となってきたとき、それが壮年性脱毛症なのか、早めに現れた老人性脱毛症なのか、あるいは両方なのかは簡単には判断できません。だいたいの目安とお考えください。

老人性脱毛症の原因と症状

生き物は歳をとると老化します。体中の細胞がだんだんと新しい細胞を作れなくなり、体の内外でいろいろな変化が起きてきます。

もちろん毛髪を作る毛母細胞も老化の影響を受けます。だんだんと毛が作れなくなり、毛が細く、そして腰がなくなっていきます。そして頭髪は全体に薄くなっていきます。

老人性脱毛症の対策

“老化が原因なら対策なんてできないんじゃないの?”と思われるかもしれません。たしかに若返りの薬でも発明されない限り根本的な対策はできませんね。

しかし、薄毛の進行を遅らせたり、場合によっては進行を止めたりすることは可能です。

老人性脱毛症でも有効な対策はどんなものがあるか?

老人性脱毛症でも有効な対策には次のようなものがあります。

  • 生活習慣の改善
  • ストレスの低減
  • 発毛剤、育毛剤の使用
  • サプリメントの利用
  • 医療機関での治療

上にあげたものは、老人性脱毛症に限った対策ではありませんがいずれも有効です。

毛を増やしたり、新たに生やしたりという対策ではありませんが、毛を作る細胞が機能を最大限に発揮できるよう環境を整えるのが目的です。

いちばんいけないのは、あきらめて何もしないこと、です。

気が付いているのに放っておくと症状はどんどん進行してしまいます。
まず、行動しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ