薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

女性男性型脱毛症… なんだかややこしい名称ですね。
これは女性がかかる男性型脱毛症(AGA)という意味なんです。FAGAの“F”はFemale(女性)のFなんです。

瀰漫(びまん)性脱毛症とも呼ばれます。

男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンの影響で発症する脱毛症です。
女性もこのテストステロンを少ないけれど持っており、これが原因で脱毛症が発症します。

つまり男性と同じ原因で起こる脱毛症なんです。ではなぜ女性男性型脱毛症と呼び方が違うのでしょうか。それは症状が男性の場合と異り、発症の仕組みもまた異なるからです。



女性男性型脱毛症の症状

男性型脱毛症(AGA)は髪の生え際や頭頂部から部分的に髪が薄くなっていきます。
これに対して女性男性型脱毛症(FAGA)は、髪の毛が細くなり全体に薄くなります。

発症する年齢は、以前は40代以降でしたが、最近では20代で発症する例もあるようです。

女性男性型脱毛症の原因

女性にはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンがあります。このホルモンは女性を女性らしく保つ働きがあり、髪の成長を助ける働きもあります。

女性にも男性ホルモンのテストステロンがあり、男性と同じ仕組みで脱毛症は発症します。しかし、女性のテストステロンの量は男性の約20分の1ということ、そして髪の成長を助けるエストロゲンの働きもあって、ほとんど薄毛を感じることがないのが普通です。

薄毛を進行させる作用より髪の成長を促す作用の方が優勢、ということですね。

ところが、加齢やほかの理由でエストロゲンが減少してしまうと、相対的にテストステロンによる作用が強くなり、結果として薄毛が進行することになります。

つまり女性男性型脱毛症の原因はホルモンのバランスのくずれ、なのです。

女性男性型脱毛症への対策

どうしてエストロゲンが減少してしまうのでしょうか?
そして、どうすればエストロゲンの減少を防げるのでしょうか?

加齢

老化によってエストロゲンは減少していきます。
お年寄りで健康そうに見えるけれど髪が薄い方が多いのはこれが原因ですね。

老化だから仕方がない…?

あきらめるのはまだ早いですよ。これ以上薄毛を進行させないために、できることはあるはずです。

思い切って専門医を受診してみてください。きっと専門家によるアドバイスが得られると思います。

生活習慣

生活習慣にはさまざまなものが要因として含まれます。代表的なものを上げると、

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 偏った栄養の食事
  • ストレス

などがあります。
いずれも、ホルモンのバランスを崩す原因となります。

さらに生活習慣について読む



スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ