薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

悩む若い女性

抜け毛が多くなってきたけれど、思い当たる原因がなく困っている、という女性の方がよくいらっしゃいます。とくに、最近は比較的若い方にもこのような悩みを抱えている方が増えているようです。

ときには、友人や家族に“髪が薄くなってきたんじゃない?”と指摘される状態にまで進行してしまうこともある、この抜け毛。

その原因の正体とは?



続く原因不明の抜け毛

ブラッシングする女性シャンプーやブラッシングするたびにかなりの量の髪の毛が抜けてしまう…

季節的なものかなと思いつつ、季節が変わるのを待ってもみても、抜け毛の量は減らない…


栄養のバランスを考えた食事はしているし、睡眠も毎日しっかりとっている。運動も週に何回かウォーキングをしたり、スポーツクラブへも通っている。髪が抜けるほどのストレスにも思い当たるものがない…

いつの間にか、髪の分け目がはっきり目立つようなり、髪のボリュームもなくなってきて、ヘアセットも思うようにならなくなってきた…

このような抜け毛に悩む女性は意外に多いのです。最近では10代の若い女性でもこのような症状を訴える方がいらっしゃいます。

思い当たる原因となりそうなことがないため、とても大きな不安を感じてしまいますよね。

この抜け毛の原因はなんでしょう?

じつは、女性ホルモンの乱れが原因であることが多いのです。

女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)にふたつがあります。

おもに、エストロゲンは女性らしい体をつくり、プロゲステロンは妊娠出産に大切な役割りを果たしています。

髪の毛についてみると、どちらのホルモンも髪の毛の成長を促したり、成長を長く維持する、という役割りを果たしています(プロゲステロンはおもに妊娠期に作用します)。

これらふたつのホルモンの働きのバランスが乱れると、さまざま不調が症状として現れてきますが、抜け毛もそのうちのひとつなのです。

バランスの乱れと抜け毛

女性ホルモンのバランスが乱れがある場合、抜け毛以外に、月経異常(周期の乱れや出血量異常)や月経前症候群と呼ばれる症状(イライラや鬱など)、強い生理痛などの症状が現れることが多いようです。

ホルモンのバランスが乱れる原因としては、

などがあります

しかし、前述のように、抜け毛以外の自覚症状がまったくなく、また原因についてもはっきりしない例もあります。

どうしたらいいの?

病院の受付ホルモンのバランスの乱れが原因となる、生活習慣の乱れやストレスなどは、これだけでも薄毛、抜け毛の原因となります。

このような場合でも、素人判断はしないで、婦人科を受診してホルモンのバランスが乱れていないか診断してもらい、適切な治療を受けるようにしてください。

記事の冒頭で取り上げたような、自覚症状がないけれど抜け毛が続いているという場合も、婦人科を受診してください。もしかしたら、ホルモンバランスが乱れていることによる抜け毛かもしれません。

原因が分からず、続く抜け毛を不安に思いながら生活するより、医師の診断を受けて、適切なアドバイスや治療を受けることの方がずっと良い、と管理人は思います。



スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ