薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

強い陽射しによるハゲの危険性

新緑の五月

桜の時期もいつの間にか過ぎ、木々の緑が美しい季節になってまいりました。

梅雨はまだひと月くらい先だというのに、今日はとても天気が良く、気温は25℃を超えており、地域によっては30℃をも超えているところがあるようです。

このような良い天気で気になるのは強い陽射しです。

髪や地肌への影響はどうでしょうか?

今日は強い陽射しとハゲについてのお話しです。

頭皮の日焼け

5月の初旬、GWのお休みを利用して多くの人が行楽地へ出かけています。

この時期の陽射しの強さは実は8月の頃とあまり変わらないため、意識して気を付けないと、肌や髪が大変なことになります。

女性の方は日焼けを避けるため、季節によらず普段から日焼け止め効果のある化粧品を使用したり、日焼け止めクリームを露出する肌に塗って外出される方が多いようですが、男性の場合はそこまで意識している方は少ないようです。
管理人も夏以外に日焼け止めを使ったことがありません。(笑

日焼けは、顔やうなじ、腕だけではなく、(当然ではありますが)頭皮にも起こります。

特に、髪が薄くなってきていて地肌が見えやすくなっている方は要注意です。

頭皮の日焼けと抜け毛

頭皮も他の部分と同様に日焼けをし、赤く火照った状態になったり痒くなったりします。

子供の頃などに経験された方もあるかもしれませんが、頭皮も日焼けによって皮が剥けます。髪の毛の生えているところだけ小さな穴の開いた数センチ四方の皮が、ペロっと剥がれたりします。

では、頭皮が日焼けすることによってハゲることはあるのでしょうか?

太陽光線は、皮膚を老化させるのと同様に髪の毛も老化させます。しかし、いわゆる「日焼け」の結果として、毛が抜けたりハゲたりすることはありません。

でも、安心するのは早いです。実は、気を付けなければならないことがあります。

それは紫外線の影響です。

紫外線が頭皮や髪に与える影響

髪の毛は紫外線から頭皮を守っている、と言われています。

しかし残念なことに、ある研究結果によると、髪の毛は頭皮や毛包(頭皮の中の髪の毛を作り出すところ)を紫外線によるダメージから完全に守れているわけではない、ということです。

紫外線による頭皮や毛包への影響として、抜け毛を引き起こすことが知られていますが、具体的に、紫外線が頭皮や髪の毛にどのような影響を与えているのか詳しく見ていきましょう。

髪の毛に対する影響

紫外線の毛幹(皮膚から上に出ている毛髪部分)に対する影響としては、髪の色の退色、脆くする、などがあります。

適切な例ではないかも知れませんが、サーファーと呼ばれる人たちの中に髪を染めているわけでもないのに髪が薄茶色でパサパサの人がいるのを見たことのある方もいらっしゃるでしょう。

あれは、彼らがサーフィンの可能な時期、日中のほとんどを海で過ごすため、紫外線による影響で髪が傷んでしまっているのです。(もちろん、紫外線以外の影響、たとえば海水に含まれる成分に因るものもあることは否定いたしません)

頭皮および細胞への影響

頭皮下への紫外線の影響としては、細胞内のDNAに対して突然変異を引き起こしたり、頭皮の炎症を引き起こすきっかけとなったりします。

髪の毛にはメラニン色素というものがあることをご存知だと思いますが、このメラニン色素は紫外線によるダメージから髪を守る働きをしています。

しかし一方で、紫外線はその酸化作用によって、保湿の役割を果たす脂質や、メラニン色素分解してしまいます。

さらに、ある種の免疫反応や葉酸欠乏など、抜け毛と関連があるとされる状況の悪化を引き起こします。

強い陽射しへの対策

陽射しの強い時期、どのように頭皮や髪を守れば良いのでしょうか?

以下、ヒントになりそうな対策方法を上げてみます。

  • 日傘を使用して、直射日光を浴びることを避ける
    日焼けを気にされる女性の方はふだんから日傘を持ち歩いていらっしゃいますね。
    男性で日傘を使用されているという方はあまり見たことがないのですが、男性でも髪や地肌を守るため日傘を使用することを考えても良いかもしれません。
  • 帽子をかぶる
    気温が高いと、帽子内の温度が高くなりやすく、また蒸れやすくなるのが難点ですが、気軽に利用できます。
    暑い時期は通気性の良い帽子を利用するなどして、直射日光を避けることをお勧めします。
  • 陽射しの強い時間帯の外出を避ける
    陽射しの強い時間帯、つまり午前10時頃から午後4時頃までの間の外出を極力避ける、というのもひとつの選択肢です。が、これを実行できる方はあまり多くないでしょう。

まとめ

このあと、梅雨を経た後、本格的に暑い時期がやって参ります。

髪や頭皮を守る上で、本記事が多少なりともあなたの役に立つことを願っています。

以上、かずろうでした。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ