薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

雪の降る中、遊んだその後は

雪と少女

空からふわふわと降ってくる雪。

雪のあまり降らない地方に住んでいる管理人は、雪が降ったりするとなぜかワクワクしてしまって、つい雪の中をムダに歩き回ったりしてしまいます。

真っ白で、柔らかそうで、美味しそうにも見えたりしますよね?w

意外に汚れている雪

でも、見た目はキレイでも意外に雪って汚れているのです。

雪は空中に浮かぶチリなどが核となり、そのまわりに水分が凍って結晶が形作らてい行きます。また、大きな雪は、空中をゆっくりと舞うように落ちてくるため、雨粒に比べて地表に届くまでにずっと多くの時間がかかります。このため、空中に浮かぶチリやほこりがよりたくさんくっ付いている、とも言われています。

酸性雨という言葉は聞いたことがありますよね? 石油や石炭などを燃やした時にできる有害物質が含まれている酸性の雨のことです。 実は酸性雪というものあります。

酸性雨や酸性雪の酸の強さは意外にもかなり強く、長い間酸性雨や酸性雪にさらされると、建物を造っているコンクリートが溶けたり、木々が枯れてしまったり、湖や沼の魚が死んでしまったりすることがあるくらいなのです。

雪が頭につもったら薄毛になる?

雪の中で遊ぶ子供もし、雪の降るなか帽子をかぶらずにいて、髪に雪が積もったり、融けた雪で髪が濡れたりしたら、それは薄毛につながるでしょうか?


コンクリートが溶けるのは、ずっと酸性雨や酸性雪にさらしていた場合のことです。

頭に雪を付けたまま、あるいは付いた雪が融けて髪が濡れた状態のまま、何時間も何日もそのままということはないはずです。

外出から戻ったときは、付いていた雪をきれいに払い落としたり、髪が濡れていたらタオルで水分をとり乾燥させる、という程度でまったく問題ありません。

海外においても、酸性雨と脱毛症との関連がときどき取りざたされますが、酸性雨が脱毛症の原因となる、という科学的な根拠は見出されていません。

ただし、あたなが非常に敏感な方であれば、酸性雨や酸性雪のために肌がピリピリすることがあるかもしれませんが…

降っている雪が酸性雪がどうかは簡単には分かりません。

特別に敏感な方でなくとも、雪の降るなか、外出する場合や屋外で活動する場合は、髪が雪に触れないよう帽子をしっかりかぶる、などの対策はしておいても良いかもしれません。

でも、あまり神経質になる必要はないのです。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ