薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

薄毛に関する俗説

薄毛に関する俗説

アメリカ薄毛協会(AHLC; Americal Hair Loss Council)が、“Myths Related to Hair Loss”(薄毛に関する俗説)と題するもの公表しています。

いわゆる都市伝説的な話しを集めたものですが、聞いたことのないものや『それはウソなの!?』と聞き返したくなるようなものが含まれています。

今日はこの“Myths Related to Hair Loss”を取り上げてみます。

アメリカ薄毛協会?

アメリカ薄毛協会日本語にすると何とも言えない微妙な名称になってしまいますが、原語では American Hair Loss Council 、通称 AHLC と言います。

アメリカ薄毛協会はというのは管理人が適当に訳したものなので、日本での正式名称(あるのか分かりませんが)は異なっているかもしれません。

AHLC は利益を目的としない非営利団体で、薄毛に悩む人たちをサポートするさまざまな育毛プロフェショナル(医療関係者と非医療関係者)向けに、教育や認定等を行うなどの活動を行っています。

薄毛に関する俗説の数々

AHLC に属するプロフェッショナルたちが日々耳にする、薄毛に関する俗説というものがAHLCのサイトで公開されています。

以下に原文とともに、その内容をご紹介しますね。
中にはショッキング(?)なものもありますのでご注意を!

シャンプーのし過ぎはハゲになる

原文: Frequent shampooing contributes to hair loss.

このサイトでもご紹介したことと関係ある話ですね(『朝シャンはハゲになります…?』)。
シャンプーの回数が問題なのではなく、髪や頭皮が健康に保てるかどうかが重要なのでした。

帽子やカツラはハゲになる

原文: Hats and wigs cause hair loss.

日本でもこれと似たような話を聞きますね。影響があるかどうかは使い方による訳ですが、帽子についてはこのサイトでも取り上げる予定です。

毎日100回ブラッシングすると健康な髪になる

原文: 100 strokes of the hair brush daily will create healthier hair.

いかにも本当っぽく聞こえますが、ブラッシングそのものが髪を健康にする訳ではありません。

永久的な脱毛は、パーマ、ヘアカラーやそのほかの美容的処置によって起こる

原文: Permanent hair loss is caused by perms, colors and other cosmetic treatments.

パーマやヘアカラーなどをしたからと言って、それが永久的な脱毛を引き起こす訳ではありません。

女性は健康であってもひどい脱毛症となってしまう

原文: Women are expected to develop significant hair loss if they are healthy.

日本では聞いたことがありませんね。

頭を剃るとより濃い髪が生えてくる

原文: Shaving one’s head will cause the hair to grow back thicker.

こちらも日本でときどき目にしますね。

逆立ちは血液循環を良くして髪の成長を刺激する

原文: Standing on one’s head will cause increased circulation and thereby stimulate hair growth!

確かに頭皮の血行を良くすることは大事ですが、逆立ちよってそれが改善されるのかは疑問です。

フケは永久的な脱毛の原因となる

原文: Dandruff causes permanent hair loss.

もしそうであれば、ハゲのひとがもっとずっとたくさんいてもよさそうです。

髪をより濃くより早く成長させる化粧品がある

原文: There are cosmetic products that will cause the hair to grow thicker and faster.

本当なら管理人も欲しいです!

ストレスは永久的な脱毛を引き起こす

原文: Stress causes permanent hair loss.

こちらについても、これがもし本当であれば、もっと多くのハゲのひとがいても良さそうです。

薄毛は10代後半や20代初めに発症しない

原文: Hair loss does not occur in the late teens or early twenties.

すでに日本においてもこの年齢の方々が薄毛に悩まされていますよね。

知識人だけが薄毛になる

原文: Hair loss affects only intellectuals.

頭脳をよく使うから、ということでしょうか。

男性型脱毛症の治療方法がある

原文: There is a cure for Androgenetic Alopecia.

これが俗説である、ということは男性型脱毛症(AGA)には治療法がない、ということなのでしょうか。

確かに、個人のサイトではなく科学的なニュースを専門に扱うサイトにおいて、“男性型脱毛症は治療によって、その進行を遅らせたり毛髪の回復ができる、とされている”などと書かれているのを見ることがありますが…

この文に対しては、管理人は素直に認めたくない、という気持ちです。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ