薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

帽子をかぶる人ははげやすい?「帽子内環境研究会」の発表から

ヘルメットをかぶった女性

本日、私たち薄毛や抜け毛に悩む人や、帽子を楽しみたい人にとって、興味深いニュースが流れていました。

そのニュースとは『帽子内環境研究会』という団体が、帽子が髪に与える影響について行った実験結果についてです。

きょうは、このニュースについて考えてみたいと思います。

帽子内環境研究会って?

管理人は恥ずかしながらこの研究会の存在を、今回のニュースよって初めて知りました。

どのような目的でこの組織が作られたのかは、『帽子内環境研究会』のページ内の『発足意図(代表あいさつ)』のページに書かれています。

要約しますと、

帽子を被ることによる帽子内の環境を把握し、それを統計解析してエビデンスにしていくことで、帽子が髪や頭皮に与える影響に対する適切な対処につなげていきたい。

ということです。

代表者である佐藤明男氏は東京メモリアルクリニック・平山の院長であり、10,000人以上に対して頭髪治療を行ってきた方です。

この研究会には、他にも公衆衛生を専門とされる順天堂大学の和田裕雄氏や、医用電子工学を専門とされる九州工業大学の小西直樹氏などが研究に携わっていらっしゃいます。

行われた実験について

どんな実験が行われたのか?

今回ニュースになった実験(簡易実験)は次のようなものです。

簡易実験は今年4月13~17日、東京都内で行われました。

新品のヘルメットをかぶった成人男性51人が、自転車型トレーニングマシンで有酸素運動を3時間行いました。

運動中はヘルメット内部の温度と湿度をリアルタイムで計測しました。

そして、頭皮の血流と汚れ具合、付着している細菌の量について、運動前、運動後、運動後に洗髪した後の合計3回測定しました。

どんな実験結果が得られたのか?

公開された実験結果によると、

  • 運動開始後30分で高温(約30℃)多湿(90~100%)となった。
  • 運動前の状態のおいて、頭皮は、食品工場や厨房で行われる手指の汚れチェックで不合格となる基準であることが分かった。
    これが運動によってさらに悪化する傾向であることも分かった。
  • ニキビの原因となるアクネ菌や呼吸器感染症を起こす肺炎桿菌(かんきん)など13種の細菌が確認された。
    これも運動によって増える傾向であることが分かった。
  • 汚れや細菌は、洗髪することで大幅に減ることが分かった。

ということです。

この実験結果から分かること

以下に、管理人なりにこの実験結果について考えてみたことを記したいと思います。

なぜヘルメット?

帽子内環境研究会ではありますが、実験では帽子ではなくヘルメットを使用しています。

帽子内環境研究会が5月末行ったメディアセミナーの動画を見ますと、最後の方に実験で使用されと思われるヘルメットが出てきます。

このようなヘルメットをかぶったことのある方はご存知だと思いますが、高通気性をうたった製品であっても一般的な帽子に比べるとずっと蒸れやすいという事実があります。

おそらく今回の実験は、プラスチック製のヘルメット状の「帽子」をかぶる人を対象としたものである、ということだと思いますが、これが一般的な布製の帽子だと、また異なった結果が出るものと思われます。

高温多湿は思ったよりも頭皮に悪い影響を与える

高温、かつ湿度の高い状態は、思った以上に頭皮環境に悪い影響を与えることが分かりました。

特に細菌類の多さには、管理人も少し驚いてもいます。おそらく、細菌の繁殖に都合のよい環境となるためなのでしょう。

ニュース内でも触れられていましたが、頭皮に炎症などのトラブルを抱えている人は、特に注意が必要と認識しました。

帽子(ヘルメット)をかぶっていなくても、このような高温多湿の状態になることがありますので注意が必要です。たとえばスポーツを行って、頭に汗をたくさん書いている状態です。

帽子をかぶっていてもいなくても、このように頭部が蒸れた状態になったら、次のことを意識してください。

  • その状態を長く続けないこと
    帽子をかぶっていたら、ときどき脱いで風通しを良くする、など。これはニュース内でも述べられていました。
  • できるだけ早く頭髪を洗うこと
    汚れや細菌を洗い流しましょう。そのままにしてしまうのはさらに頭皮環境を悪化させる原因となります。

で、帽子はやっぱりハゲの原因となるの?

今回の実験は、ヘルメットを使ったもので、条件としては厳しい結果の出やすいものでした。

これが普通の帽子では絶対に起こり得ない結果かと言えば、管理人はそうとは思いません。

しかし、あなたがオシャレのためにかぶる帽子であれば、『帽子でハゲることはありません』で書きましたように、常識の範囲内で使用する分においては、まったくハゲの心配はないと考えます。

つまり、頭が痛くなるほどのキツい帽子であったり、蒸れて汗が流れ落ちているのに我慢して帽子をかぶり続けてみたり、このようなことをしない限りにおいて、問題ないということです。

職業上かぶることが義務付けられている「帽子」では、もしかしたら、常識の範囲外の使用が課せられる場合があるかもしれません。

このような場合は、30分に1回程度は帽子を脱いでかぶり直し、頭部が蒸れないよう自己防衛する必要があると考えます。

まとめ

今回の記事は、帽子内環境研究会による実験の結果と、これに対する管理人の考えをお話しさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、かずろうでした。

 

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ