薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

栄養不足、もう言葉だけでからだに良くなさそうということが分かりますよね。

いわゆるジャンクフードと呼ばれるものばかり食べている、
いつも決まったお弁当をコンビニで買って食べている、
ダイエットのために極端な食事制限をしている、etc.

現代においてはさまざまな原因で栄養不足になっているひとが大勢います。なかには、栄養不足になっていることに気が付いていないひともいます。

なぜ栄養不足で薄毛になるの?

usuge-male人が栄養不足になったとき、まず影響が現れるのは肌や毛髪などの部分です。ひとのからだは栄養が不足してきたとき、生命の維持に必要な部分へ優先的に栄養を供給し、そうでない部分、つまり毛髪などは後回しされます。
このため、髪の毛は成長に必要な十分な栄養を得られなくなり、髪の毛はだんだんと痩せ細り、やがて薄毛となっていくのです。

ちゃんと食べてるけど…?

syokuji_woman栄養不足と言うとなんとなく発展途上国などで見られるような痩せ細った人たちをイメージしがちでが、見た目ではなく必要な栄養が足りてるかどうかなのです。


こんなことに当てはまるひとはいないでしょうか?

  • 独り暮らしで、朝食はいつも食べず、昼食や夕食はコンビニで弁当を買ってくるか、牛丼屋やファーストフード店で済ませている。
  • ダイエットに挑戦中。一日一食のダイエット食のみで毎日生活している。
  • 毎日スナック菓子たくさん食べているので、それだけでお腹がいっぱいになってしまい、食事をとることができない。

もしこのような食生活を送っているとしたら、かなり偏った食事をしていると言えます。

食生活の改善

seikatsu_syukan_woman_good食生活の改善のため栄養バランスの取れた食事をとることが必要です、などと言われても一体に何を食べればいいんだ、と思いますよね?

髪の毛の成長に必要な三大栄養素と言われるものがありますが、ここでは難しいことは抜きにして、それぞれについて代表的な食材を上げておきますので、ふだんの生活でこれらの食材をできるだけとるよう心がけてみてください。

タンパク質

髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。

  • 肉、卵、乳製品、魚
  • ピーナッツや大豆などの豆類

実際にはこれらの食材に含まれているタンパク質が直接髪の毛の材料になるわけではありません。からだに取り込まれたタンパク質はいったんアミノ酸に分解され、再びタンパク質に合成されてから材料として使用されます。

ビタミン

ビタミンは、タンパク質の吸収を促進し、頭皮の環境を整えて髪の毛の成長を促進する作用があります。

  • 魚類、卵、大豆、乳製品、レバー、ウナギ
  • 肉類、バナナ、ナッツ
  • 魚介類、ゴマ、マーガリン

亜鉛

亜鉛は、髪の毛のおもな成分であるタンパク質を合成する際に必要な栄養素です。
亜鉛を含む食材は限られているため、三大栄養素の中では一番不足しがちな栄養素です。

  • 牡蠣、牛肉、ウナギ、ナッツ

栄養の補助として

サプリメント上にあげた食材を、バランスよく食べることは、実際には難しいことだと思います。
とくに独り暮らしの方の場合、食材を選び自分で料理したり、外食時に食材が使われているメニューを選ぶことは、なかなかできないと思います。

このような場合は、思い切ってサプリメントを使用して足りない栄養素の補充を行うことを考えましょう。邪道ではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、必要な栄養素を無理なく取り込むためにサプリメントを利用するのは良いことだと思います。

三大栄養素をバランスよく捕ることが難しいとお考えの方は、ぜひともサプリメントの利用も考慮してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ