薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

朝シャンはハゲになります…?

朝シャンする女性

もうほとんど死語となりましたが、昔流行っていた『朝シャン』という言葉。

“朝にするシャンプー”、約して朝シャンな訳ですが、朝シャンするとハゲる原因となる、ということを一度は聞いたことがあると思います。

なぜ朝シャンがハゲにつながるのでしょうか?
どうして朝シャンをしてはいけないのでしょうか?

今回の記事は、朝するシャンプーについてです。

朝のシャンプーに関する誤解

いろいろネット上で調べてみると、朝シャンはハゲる原因として次のような理由を上げているのをよく見かけます。

  • 頭皮を守る皮脂を取りすぎてしまう
  • シャンプーが洗い流しきれていない
  • 毛穴を痛めることになる

しかし、残念なことに、説明が足りていなかったり誤解に基づく説明があったりして、記事を読む人が正しい情報を得られていないのでは?と思うケースがけっこうあります。

管理人が知っている範囲で、これらについて解説を行ってみようと思います。

朝シャンは皮脂を取りすぎる

シャンプーを朝にするか夜にするかによって取れる皮脂の量に違いはありません。

朝シャンは皮脂を取りすぎる”という言葉の意味は、夜にシャンプーを行い、翌朝もシャンプーを行うと皮脂を取りすぎてしまう、と言うことです。

もっと単純に言えば、シャンプーのし過ぎは皮脂を取りすぎるということです。『朝』という時間帯が問題なのではありません。夜だけのシャンプーでも、強力な洗浄力を持つシャンプーで、5回も6回も髪を洗えば、皮脂の取りすぎとなることは言うまでもありません。

朝にシャンプーをすると紫外線の影響を受けやすくなり頭皮を痛める、という趣旨の記事も見かけますが、これも皮脂を取りすぎることの危険性を言ったものです。

皮脂を取りすぎなければ朝にシャンプーしても良いということです。

シャンプーが流しきれない

これは、朝は時間に余裕がない人が多いため、シャンプーを行ったときに、しっかりシャンプーを洗い流せない危険性のことを言っています。

頭皮に残ったシャンプーは毛穴をふさいでしまい頭皮の呼吸を妨げたり、シャンプーに含まれている界面活性剤が頭皮から浸透し毛穴にダメージを与えたりします。

また、シャンプーだけでなく頭皮に汚れも残った状態であれば、雑菌が繁殖し頭皮に炎症を起こす原因ともなります。

慌ただしく朝にシャンプーをするのであればしない方が良い、別の言い方をすれば、夜のようにしっかりすすぎができる余裕があれば、朝にシャンプーすることに問題はありません。

毛穴を痛める

寝ている間に毛穴から汗をかいて、毛穴が開いている状態になっているため、朝にシャンプーをすると毛穴を痛める… ということなのですが、これは残念ながら誤りです。

髪の毛穴から汗はかきません。頭部の汗はエクリン腺という毛穴とは別の汗腺(汗孔)から出るのです。

また、立毛筋(寒い時などに毛髪を立たせる筋肉、毛が立った状態は鳥肌として知られる)が寝ているときに緩むと毛穴が開くとの情報もあります。

しかし、立毛筋はふだんの状態で「緩んだ状態」であり、寝ているときにさらに緩んで毛穴が開く、という情報を管理人はこれまで見たことがありません。(こちらは今後も調査継続ですね)

“朝シャンは毛穴を痛める説”は忘れても良いかもしれません。

まとめ

シャンプーする女性朝シャンプーするとハゲるという言説は、よく調べてみると、

  • シャンプーによって皮脂を取りすぎてはいけません
  • シャンプー後はしっかりすすいでください

ということを言ってるのに過ぎないことが分かります。

つまり、これらを守ることができれば、朝シャンプーするのに何の問題もないのです。

シャンプー選びにも気を使いましょう

髪や頭皮にダメージを与えない優しいシャンプーに、どのようなシャンプーを選んだら良いかについては『髪に良いシャンプーの選び方』で簡単に説明しています。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ