薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

春と秋に抜け毛が増える理由

秋の夕暮れ

誰もが何となく気が付いている、抜け毛が春と秋になると増えるということ。

何かの病気の予兆でしょうか?
放っておいても問題ないのでしょうか?

今日の記事は、季節的な抜け毛についてです。

季節的な抜け毛とは

春の季節人はになると抜け毛が増えます。

普通の生活においても、1日に50~100本程度の髪の毛が抜けますが、この時期には抜ける髪の毛の本数が約2倍に増えます。

でも、これは特別なことではなく、誰にでも起こるごく自然なことなのです。

なぜこの時期に抜け毛が増えるのでしょうか?

抜け毛が増える理由

厳密に言えば、この季節的な抜け毛が起こる理由は解明されていません。しかし、科学的な見地から、一般的には次のような説明がされています。

人間も動物だ説

イヌの親子動物は、春には冬毛から夏毛へ、そして秋には夏毛から冬毛へと体毛が入れ替わります。このときに大量の抜け毛が発生することは、イヌやネコを飼っている方はご存知でしょう。


人間もイヌやネコと同じ動物です。人間の季節的な抜け毛の増加は、この体毛の生え替わりのなごりであると言われています。

夏の陽射し防御説

日焼けする女性スウェーデンのある科学者は次のような理由を述べています。

夏の陽射しによる強い熱や紫外線に対抗するため、頭髪は夏の間により多く成長します。しかし秋になって陽射しが和らぐと、夏の間に増えた分の毛髪が必要なくなり、これが少しずつ抜け落ちていく、と言うものです。

ホルモンバランス説

季節的な抜け毛は、毛髪の成長サイクルと関連のあるホルモン、プロクラチンとメラトニンの活動レベルと関係がある、とする科学者もいます。

太陽光線の強さの変化は、メラトニンの分泌量とこれらホルモンの比率に大きな影響を及ぼしている、というのです。

太陽光線は、季節が冬から春へ移行するときは強くなり、逆に夏から秋へ移行するときは弱まります。この変化が、毛髪の成長サイクルに影響を与えた結果が抜け毛となっている、という説です。

季節的な抜け毛への対策

抜け毛が増える理由が何であれ、それが季節的な抜け毛であるならば、何も対策は必要ありません。約2か月ほどで抜け毛はおさまり、もし2か月間に髪の毛の量が多少減ったとしても、自然に回復してきます。

季節的な抜け毛ではない可能性

しかし、次のような症状がある場合は注意が必要です。

  • 抜ける髪の毛の量が多い
  • 一度にゴソッと抜ける
  • 2か月以上たっても抜け毛が減らない

季節的な抜け毛によって増える抜け毛の量は、せいぜい普段の倍程度です。その量を超えて毎日髪の毛が抜けるようであれば、それは季節的な抜け毛ではないかもしれません。

髪の毛が束になってゴソっと抜ける場合も要注意です。明らかに季節的な抜け毛とは抜け方が異なります。何か別の原因が考えられます。

抜け毛が増え、それが2か月を過ぎてもずっと持続している場合は、季節的な抜け毛ではない可能性が高いです。季節的な抜け毛が続く期間は個人差がありますので、厳密に2か月という訳ではありませんが、4~5か月以上も続くなら季節的な抜け毛ではないと思った方が良いですね。

このような場合は、迷わずクリニックへ行き診断を受けてください
放置したり、ネット上で適当な薬を購入して使用する、などということの無いようにお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ