薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

最近、抜け毛がひどいんですけど

おどろく男性

朝起きたときに枕元周辺に落ちている髪の毛や、洗髪したときに抜ける髪の毛の量が以前と比べて明らかに増えている。ときにはゴッソリという言い方が大げさでないほど一度に大量に髪の毛が抜けてしまう。

今日の記事はこんな経験をされた方にに読んでほしいと思います。



大量に抜け落ちる髪の毛

大量の抜け毛人間の髪の毛は、通常1日に50~100本程度は抜け落ちます。100本と言えば結構な量ですよね。

それでも髪が健康な人の場合はあまり気が付くことがありません。あるいは気が付いていても気にすることはありません。なぜなら、髪の毛の量が減っていないからです。

しかし、いつもと比べて、抜け毛の量が明らかに多くなっていることで、異常に気が付くことがあります。同時にこのときすでに髪が薄くなっていることに気が付くこともあります。

このとき、いったい何が起きているのでしょうか。

その原因は? 対策は?

突然の大量の抜け毛の原因として、つぎのようなことが考えられます。

  1. 病気によるもの
  2. ホルモンの作用によるもの
  3. 薬によるもの

病気によるもの

まず考えられるのが円形脱毛症です。円形または楕円状に頭髪の一部が抜け落ちる脱毛症で、その特徴から比較的簡単にわかります。詳しくは『円形脱毛症』で解説していますので、そちらをご覧ください。

脂漏性脱毛症粃糠性脱毛症の可能性も考えられます。脂漏性脱毛症は頭皮の皮脂の分泌が過剰であること、粃糠性脱毛症はかさぶたのようなフケが大量にできることが特徴ですが、どちらも頭皮の炎症が原因です。
疑わしい症状があるようでしたら、それぞれ『脂漏性脱毛症』、『粃糠性脱毛症』で詳しく解説していますので参考にしてください。

ホルモンの作用によるもの

赤ちゃんとお母さんもしあなたが、赤ちゃんを産んだ後(6か月~1年以内)であるならば、それは出産後脱毛症かもしれません。この場合は放っておいても時間とともに髪は回復してきます。『出産後脱毛症』で詳しく説明していますので参考にしてください。

もしあなたが10~20代初めであるならば、それは成長期特有のホルモンの乱れが原因であるかもしれません。

思春期の少年と少女思春期はからだをおとなへと成長させるホルモンが大量に分泌されている時期なのですが、ホルモンのバランスが安定していない時期でもあります。髪質が硬い直毛から細く柔らかいくせ毛に変わってしまう(あるいはその逆)などの例もよくあります。

この不安定なホルモンの分泌が、ときとして脱毛を引き起こすことがあるのです。とくに生活習慣が乱れや食事の栄養に偏りがある場合は要注意です。

この場合は、自分の食生活を見直すとともに、専門医に相談することをお勧めします。

薬によるもの

薬を飲む男性最近、薬を服用するようになった、あるいは飲む薬が増えたり、飲んでいた薬が別の薬になったということはないでしょうか。この場合は、その薬の副作用で脱毛が起きているのかもしれません。

これは飲む薬だけでなく頭皮に塗る薬の場合でも当てはまります。外科的な治療を受け、頭皮に薬を塗布しているのであれば、こちらも疑ってみる必要があります。

いずれの場合でも、薬を処方してくれた医師や医療機関にご相談ください。

最後に

上記の原因の中に、自分に当てはまるものがない場合は、迷わず医療機関を受診してください。ネット上の情報や自分の判断で放置したり、育毛剤を買って症状の改善を試みることは、場合によっては抜け毛をさらにひどくしてしまうこともあります。

たとえ当てはまると思う原因が見つかった場合でも、少しでも不安に思う場合は医療機関で専門医に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ