薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

正しいシャンプーの仕方

髪を洗う女性

これまでいくつかシャンプーについて記事を投稿してきましたが、今回もシャンプーについてです。

しなやかでハリがあり、なめらかかでツヤのある髪をつくるためではなく、薄毛やハゲの予防の見地から、どのようなシャンプーの仕方が良いのかについて解説します。

よく見かけるシャンプーの方法

ネット上で探せば多くのサイトでシャンプーの方法についての解説が見つかります。

美容系のサイトでは美しい髪をつくるためのシャンプーの方法を記載していますし、薄毛やハゲ系のサイトでは薄毛予防、ハゲ予防からみたシャンプーの方法が記載されています。

薄毛やハゲの系のサイトで勧められているシャンプーの仕方は、要約するとだいたい次のようなことが書かれています。

  1. 髪をブラッシングする
  2. 予洗いを行う
  3. シャンプーは手のひらに出して泡立ててから使う
  4. 頭皮のマッサージを行う
  5. しっかりすすぎを行う
  6. リンスやコンディショナーを付ける

シャンプーする際に、薄毛やハゲ予防を考えたとき大切なのは、何と言っても頭皮を清潔にそして健康に保つことです。このような目線で、これらを一つひとつ見ていきましょう。

髪をブラッシングする

これは髪の長い人や髪の毛がからみやすい人に必要で、頭皮よりも髪の毛自身に対して効果のあるものです。

ブラッシングすることで髪の汚れをある程度落としたり、髪の毛のもつれをなくしてシャンプーの時に髪の毛にかかる負担を減らす、などの効果が期待できます。

髪が短い人、ふだんから小まめにブラッシングしている人は、行わなくても問題ありません。

予洗いを行う

予洗いとは、シャンプーの前にお湯で髪や頭皮を洗うことです。

体温くらいのお湯で、髪の毛をかき上げるようにしながら、頭全体にムラなくシャワーを頭皮にあてるように流してください。

時間は3分。短いようですが、実際に行ってみるとかなり長く感じます。

予洗いによる効果は大きく、あらかじめ毛穴に詰まった皮脂などの汚れを落としておくことで、シャンプーのときの汚れの落ち方が違うのです。

シャンプーは手のひらに出して泡立ててから使う

これは、正しくもあり、間違ってもいます。

一般的には、シャンプー剤を地肌に直接付ける場合、ムラになりやすく、頭全体を均質に洗えないことがあります。また、シャンプー剤を多く使いすぎる傾向があり、すすぎが十分でないとシャンプー剤が頭皮に残ってしまい、頭皮のトラブルの原因となります。

ときどき、地肌に直接付けると、シャンプー剤が濃すぎてかぶれや炎症の原因となる、と言った説明を見かけますが、これは正しくありません。付けただけでかぶれるようなものはシャンプーとして売ることができませんので。これは、上で説明しましたすすぎ残しのシャンプーによる頭皮のトラブルのことを言いたいのだと思います。

実際には、使用しているシャンプーが使い方を指定している場合は、その方法にしたがってください(実際に地肌に直接付けるよう指示しているシャンプーもあります)。

特に指定がないときは、手のひらに出して泡立てて使ってください。このとき意識して欲しいのが、髪の毛だけでなく頭皮もしっかり洗う、ということです。頭皮の汚れ、とくに毛穴に詰まった皮脂等の汚れを取り除くことを意識してください。

頭皮のマッサージを行う

頭皮のマッサージは、薄毛やハゲの予防の見地からしますと有効な対策法のひとつです。

マッサージの仕方は、あまり力を加えず、指の腹でやさしく、頭皮全体を揉みほぐすような感じで行ってください。決して爪を立てたりしないでください。頭皮を傷つけると炎症を起こし、毛髪の成長を妨げる原因となります。

頭皮のマッサージは、頭皮の血行を良くし、毛の成長に必要な酸素や栄養素をより多く毛包に送り届けることができます。

ただし、男性型脱毛症(AGA)の直接的な予防策にはなりません。なぜなら、男性型脱毛症は頭皮の血行不良によって発症するものではないからです。

頭皮のマッサージは、シャンプー後に行っても良いですし、次のシャンプーを洗い流すときに行ってもかまいません。

しっかりすすぎを行う

シャンプー後はしっかりとすすいでください。ほかの記事でも取り上げていますが、頭皮に残ったシャンプーは頭皮のトラブルの原因となり、結果として薄毛やハゲにつながります。

時間としては、予洗いと同様3分程度、しっかりシャワーでシャンプー剤を洗い流すことを心がけてください。お湯も同様に体温くらいの温度をお勧めします。

リンスやコンディショナーを付ける

最後に、リンス、トリートメント、あるいはコンディショナーと言ったものをつけます。

もちろん、必ずつけなくてはいけない、ものではありません。シャンプーのみでも構いませんし、シャンプーとセットになったコンディショナーがあれば、それを使うのも良いでしょう。

コンディショナー等の使用に関して、シャンプー側に何か指示があれば、それにしたがうようにしてください(たとえば、シャンプーのみで使用してください、など)。

リンスやコンディショナーは地肌に付けず髪の毛のみに付けるようにする、との説明を見ることがありますが、これは使用するコンディショナー等に依ります。

育毛系のコンディショナーには頭皮に直接付けるタイプもあります。こちらについても、使用するコンディショナー等の説明にしたがった使用をお願いします。

正しいシャンプーの仕方

以上、管理人の補足を加えて、正しいシャンプーの仕方を説明してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。あなたのシャンプーに少しでもお役に立てればと思います。

最後にまとめておきますので参考にしてくださいね。

  1. 予洗いを行う
    3分間、体温程度のお湯で頭皮全体をムラなく。
  2. >シャンプーする
    シャンプー剤を直接地肌に付けるか、手のひらに出して泡立ててから使うかは、シャンプーの説明に従う。
  3. 頭皮のマッサージを行う
    指の腹でやさしく、頭皮を揉みほぐすように。
  4. しっかりすすぎを行う
    3分間、体温程度のお湯で、シャンプー剤が残らないように。
  5. リンスやコンディショナーを付ける
    使用は好みで。あるいは、シャンプーやコンディショナー等の指示にしたがって。

シャンプーについて、次のような記事も掲載しています。ぜひ参考にしてください。

  • 髪に良いシャンプーの選び方
  • 朝シャンはハゲになります…?
  • 育毛シャンプーで髪の毛は生えない
  • 髪は週に何回洗えば良いか

  • スポンサーリンク

    関連記事

    あなたの応援が
    記事更新の励みになります。

    にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ