薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

これからの育毛計画を立てよう

治療計画

前回の記事で『AGAを治す究極の治療薬の登場はいつ?』で、究極のAGA治療薬について書きました。直ぐに入手できるようになる訳ではありませんが、十分期待して良いと思っています。

これを踏まえて、AGAを発症してしまっている人が、現在の育毛計画(薄毛治療)をどのように続けていけば、もっともリスクが少なく髪の毛を取り戻せるか、ということについて考えてみました。

今回の記事は、将来の自分のために、どのように育毛計画を考えれば良いか、についてです。

髪の毛を復活できる大切な条件とは

もし、AGAを完全に治すことができる薬ができたとしても、そのときにあなたの地肌がある条件を満たしていなければ、豊かな髪の毛を取り戻すことはできません

その条件とは?

それは、十分な数の毛包が残っていることです。

AGAにかかると、テストステロン(DHT)から変化したジヒドロテストステロンの作用によって、毛包が縮小を続け、やがて毛髪を作り出すことをやめ、最後には毛包自身が消失します。

毛包の数はあなたが生まれたとき以上に増えることはありません。したがって、豊かな髪を長く維持しようと思ったら、持って生まれた毛包を大切にし、失わないようにしていかなければなりません。

毛包が減る、ということは髪の毛(の本数)が減るということです。いくら、太く長い毛髪が生えるようになったとしても、その数が少なく、いわゆるスカスカの状態であると、見た目には髪が豊かであるようには見えません。

ふだんのAGA対策にも言えることですが、毛包を失わないこと、これが豊かな髪を取り戻すためには、もっとも大切なことなのです。

毛包を守り続けていくには

毛包を減らさない治療薬は?

現在のところ、これはフィナステリド(プロペシア)一択になります。

フィナステリド

管理人自身は、フィナステリドやミノキシジルなどの治療薬を積極的に使用することは、あまりお勧めしたくありません。理由は、副作用があること、そして長期にわたって使用し続けなければならないことも、副作用のリスクも高める要因となります。

しかし、今のところ、DHTから毛包を守る効果が期待できるのはフィナステリドしかありません。したがって、将来を見据えた育毛計画としては、フィナステリドの使用を考えざるをえません。

育毛計画

育毛計画を考えるにあたって、中心となるのはフィナステリドの使用となります。

フィナステリドによって毛包を守り続けていく、これが基本になります。
もし、AGAによる毛包の減少を抑える、別の副作用のない治療薬が利用できるようになれば、そちらを使用することにします。

フィナステリドで毛包を守り続け、究極のAGA治療薬が利用できるようになったら、その新薬を使用した治療に切り替える。これが基本的な育毛計画となります。

他の治療薬を併用するかどうか。これはあなたの判断にお任せしたいと思います。ただ、この場合でも、可能であれば副作用のないものを使用することをお勧めします。

そして一番大切なのは、医師の管理のもとにフィナステリドを使用する、ということです。あなたの健康状態や副作用の有無や、さらに効果の有無も含めて、フィナステリドの使用が適切かどうか、専門家である医師の判断と管理もとに使用するようにしてください。

そんないつ利用できるようになるかわからない治療薬なんてあてにできるか。俺はすぐに髪の毛をふさふさにしたいんだ! ネットで安く買える薬でいいから髪の毛を少しでも増やしたいんだ!

このように考える方もいらっしゃると思います。管理人はこのように考える方を、決して否定するつもりはありません。副作用等、薬の影響を理解した上で、自己責任においてこれらの治療薬を利用することはまったく問題ありません。

毛包が減少する別の要因

先日発表(『加齢による薄毛の仕組みが解明される!』)がありましたように、毛包が減少する要因として加齢があります。

もし、あなたがフィナステリドを使用していても毛包が減っていくとしたら、それは加齢による減少かもしれません。

加齢による毛包の減少の仕組みは解明されましたが、加齢による毛包の減少を抑えるための薬の開発はこれからです。

AGAに加えて加齢による毛包の減少も始まっている人にとっては、薬による毛包数の現状維持ができないため、まさに時間との闘いと言えるかもしれません。

管理人にとってもこれは大きな問題です(^^;
はやく、加齢による毛包の減少を抑える薬が開発されてほしいですね。
(もちろん、究極のAGA治療薬も、です)

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ