薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

さまざまな薬

ネットで探せば、さまざまな名前の育毛剤や発毛剤と称するものが見つかり、医師の処方箋なしでも手に入れることができたりします。

でも、ちょっと待ってください。
安易に購入し、使用してしまって大丈夫ですか?

今回は、育毛剤の使用方法についてのお話しです。

育毛剤の使用

抜け毛が増え、地肌が目立つようになってくると、まず、対策として思い浮かぶのが育毛剤の使用です。

ネット上では、育毛剤の効果を過大に宣伝したサイトばかりが目に入り、この育毛剤を使用すれば、自分も薄毛が劇的に改善するのではないか、と大きな期待をしてしまいがちです。気が付くと、決して安くない育毛剤をポチったあとだったりします。

管理人自身が薄毛ですので、気持ちはよく分かるのですが、育毛剤は一応薬品です。

育毛剤を使用するということはどういうことなのか、という事をしっかり認識した上で使っていただきたいと思います。

まず、どのような育毛剤があるのか代表的なものについて、その効果や注意点などについて見ていきましょう。

さまざま育毛剤

フィナステリド

フィナステリドフィナステリドという薬品名よりも、商品名としてのプロペシアプロスカーの方がよく知られています。
最初は、前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、男性型脱毛症への効果が発見され、その後男性型脱毛症の治療薬として用いられるようになった経緯があります。

効果
  • 男性型脱毛症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制する効果があり、抜け毛の進行を抑えたり、改善効果があります。
    海外のデータでは使用者の90%に効果があったと報告されています。
  • 早ければ3か月ほどで効果がみられますが、一定の効果を得るには毎日の服用で6か月間かかります。
注意点
  • 副作用がでる場合があります。代表的なものとしては次のようなものがあります。
    • 性欲減退
    • 肝機能障害
  • 女性、とくに妊娠している方、妊娠している可能性のある方は使用できません
  • 20歳未満の方の使用は、安全性有効性確立されていません
  • 服用をやめると、約1年ほどで服用前の状態に戻ります。
  • 男性型脱毛症にのみ効果があります。

フィンペシア

プロペシアのジェネリック薬品だと言われていますが、厳密に言えばそうではありません。

プロペシアに関する特許はまだ切れていないため、同等の薬をジェネリック薬品として作ることができないのです。

フィンペシアは、薬品の製造に関して、特許による制約のないインドが同等の薬品として作ったものなのです。

成分はプロペシアと同等であるため、効果や注意点に関しても、ほぼプロペシアと同じと言って良いでしょう。プロペシアにない利点としては、価格がプロペシアに比べて非常に安いということがあります。

ミノキシジル

リアップ-JET商品名としては、ロゲイン(Rogaine)リアップといった外用薬が有名です。

もとは血圧降下剤として開発された薬品ですが、脱毛症にも有効であることが分かり転用されるようになりました。

髪の薄くなった部分(患部)に、一日に2回塗布します。

効果
  • 血管を拡張し、血流量を増大させます。
    これによって、毛包へより多くの酸素と栄養を送り込むことになり、ヘアサイクルを促進します。
  • 約3~6か月の連続使用で効果が現れてきます。
  • 女性も使用することができます。
    女性用に調整されたものを使用します。
注意点
  • 血圧下げる効果があるので、低血圧の方や血圧を制御する薬を使用している方の使用は勧められません。
  • 副作用がでる場合があります。代表的なものとしては次のようなものがあります。
    • 眼の焼けるような痛みや炎症
    • 患部の赤み、痒み
    • 患部以外の体毛が濃くなる
    • 症状の悪化
  • 20歳未満の方の使用は、安全性有効性確立されていません
  • 使用をやめると6~12か月ほどで元の状態にもどります。

ロニテンミノキシジルタブレット)のような内服薬も個人輸入によって入手可能ですが、日本国内では未認可であること、そしてロニテン自体が育毛剤として作られているものではないことに注意が必要です。『最強の育毛剤』などという言葉を使用してロニテンを紹介するサイトが国内には多くありますが、副作用も強いため安易な使用は避けた方が無難です。

その他

ほかにも取り上げていない育毛剤(薬品)はありますが、いずれもFDAで認可されていないものばかりで効果や安全性が確認されていません。

FDA(Food and Drug Administration)とは、アメリカの政府機関で、食品や医療品等の有効性や安全性を保証し、(アメリカ)国民の健康を守ることを責務としています。

まだFDAに認可されていませんが、キャピキシル(Capixyl)効果が大きく、まったく副作用がないという育毛成分があります。こちらについては、また取り上げたいと思います。

育毛剤を選ぶにあたって

覚えておいてほしいこと

育毛剤を選ぶにあたって、これだけは覚えておいてほしい、ということがあります。

  • まず、FDAに認可されている薬品であっても副作用があり、ときには重篤な症状に陥ることもある、ということを知ってください。
  • また、どの育毛剤も即効性はなく、効果が現れるまで3~6か月という長い時間がかかるということを知ってください。1~2か月程度使用して効果が無いと判断して、また別の育毛剤を試すということは、それだけ副作用に関するリスクを増やすことになります。
  • 効果は人によって異なる、ということも知っておいてください。宣伝されているような効果が、誰にでも現れるというものではありません。
  • 効果を維持するには、育毛剤を使用し続ける必要がある、という点も忘れがちです。効果が現れて髪の量が回復しても、そこで育毛剤の使用をやめると、徐々に髪は薄くなっていきます。

育毛剤を選ぶ

では、どのように育毛剤を選べばよいのでしょう?

副作用によるリスクの管理や、効果の有無についての判定を考えると、医療機関を受診し専門医のアドバイスによって育毛剤を選択、使用することをお勧めします。

最初に述べましたように育毛剤は薬品です。医師の管理のもとで使用するのが最も望ましいと管理人は考えます。

どうしても、自分で購入して使用したいという方は、上述の『覚えておいてほしいこと』をよく理解した上で使用してください。そして、使用時に何らかの異常を感じたら、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ