薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

指の長さでハゲるかどうかが分かる?

macho-man

男性型脱毛症(AGA)の主な原因である男性ホルモン、テストステロンが多いか少ないかがあなたの指の長さで分かるってご存知でしたか?

男性らしさ=テストステロンが多い?

男性の中でも、

  • 攻撃的な性格
  • 声が大きく、自己主張が強い
  • 髭や体毛が濃く、筋肉質のカラダをしている

などの特徴を持つ人たちは、よく男らしいとなどと言われますよね。
このような人たちに特徴的なのが、テストステロンが多い、と言うことなのです。

言ってみれば、テストステロンは男をより男らしくさせ、女性にとって魅力的な存在にするホルモンなのです。

もちろん、マッチョな男や、ときには自己中心的に見える男はキライって女性もいると思います。ここで言う『魅力的』は生き物としてのメスがオスに惹かれる本能的なものです。理性をもつ人間には当てはまらない場合もありますね。

男性型脱毛症(AGA)でも説明しましたように、このテストステロンは脱毛症の原因にも関わっています。ほかの要因も関係しているため、テストステロンが多いほど脱毛症になりやすい、と言うほど単純なものではありませんが、たしかにテストステロンとの因果関係はあります。

長い薬指、長い顔…

このテストステロン、そのひとの外見を見ただけで多いか少ないかが簡単に分かるというのです。

よく言われているのは、

  • 顔が長いひと
  • 人差し指よりも薬指の方が長いひと

はテストステロンが多いということです。これは男性だけでなく、女性に対しても当てはまります。

これは母親の胎内にいるときに多くのテストステロンが分泌されたことによるもので、大人になってもその分泌量は基本的に変わらないということです。

薬指と人差し指の長さ管理人は男らしくはないですが薬指の方が人差し指より確かに長く、そして薄毛が徐々に進行しています><。

また、顔が長めの知人の多くは、薄毛だったりハゲている人が多いような気がします。

あなたも、テストステロンが多い方か少ない方か、指の長さを見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ