薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

ハゲは遺伝するか?

はげ頭の男

ハゲは遺伝するのでしょうか?

両親、あるいは祖父母を見てハゲている人がいる場合、自分自身もハゲてしまうのでしょうか?

今回の記事では、そんな疑問に答えたいと思います。

ハゲの遺伝子

ハゲは遺伝するか?

単刀直入に言いますと 遺伝します 。原因が病気や薬剤ではないハゲのほとんどは遺伝子に関係しています。

ハゲと遺伝子の関係がすべて明らかにされているわけではありませんが、このことはさまざまな研究で確認されている事実です。ある研究によるとハゲの8割以上は遺伝子によるものだと言うことです。

男性型脱毛症

男性型脱毛症に関係のある遺伝子はX染色体上にあり、母方の祖父からその遺伝子を引き継いでいます。もし母方のお祖父さんがハゲていたら、あなたもハゲの遺伝子を持っていることになります。

でも、

うちの祖父さんはハゲじゃないけど俺はハゲてるよ?

と言う人や、

亡くなったお爺さんはツルツルだったけど、50歳を超えた私はまだふさふさですよ?

と言う人もいらっしゃるでしょう。
じつはハゲに関係している遺伝子はひとつではない、という研究があるのです。

ハゲるリスクを高める別の遺伝子

その遺伝子は20番染色体にある20p11と呼ばれる領域にある遺伝子なのですが、ハゲている人の多くは、あるバージョンの20p11を持っている傾向が強い、と言うことです。

Susceptibility variants for male-pattern baldness on chromosome 20p11
この研究によると20p11遺伝子を持っている人はハゲる確率が4倍になり、加えて祖父から受け継いだハゲる遺伝子も持っていれば、その確率は7倍にもなる、ということです。

Male-pattern baldness susceptibility locus at 20p11
こちらの研究は20p11遺伝子がハゲる確率を4倍に高めていることを明らかにしています。

この遺伝子は両親から受け継ぐようですので、両親のどちらかがハゲている場合、あなたはこの20p11を受け継いでいることなります。

やっぱりハゲる?

母方の祖父もハゲだったし、親父もハゲだ…
じゃあ、おれもハゲるしかないのか?

たとえあなたが祖先からハゲる遺伝子を受け継いでいたとしても、実際にハゲるかどうか、何歳になったらハゲ始めるのかは分かりません。

遺伝子を引き継いでいる=ハゲる、ではなく、
遺伝子を引き継いでいる=ハゲる可能性がある、なのです。

つまり、ハゲない人もいるということです。

ハゲないようにするには

さまざまなホルモンの働きや年齢が関係していることは研究によって明らかにされています。

しかし、ハゲる遺伝子を引き継いでいるのにハゲを発症する人と発症しない人がいるのはなぜでしょう? ハゲの発症の仕組みついては、まだまだ分からないことが多いのです。

ハゲ対策をがんばる男子遺伝によるハゲを発症させないための直接的な対策はできなくても、ハゲや薄毛になりやすい環境をつくらないようにすることはできます。

生活習慣を改善し、髪や頭皮そして私たちのからだを健康に保つことで、ハゲや薄毛へとつながりかねないマイナス要因をできるだけ少なくすることは、無駄な努力ではない、と管理人は考えます。

生活習慣の改善については『薄毛と生活習慣』で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ