薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

aga-high

壮年性脱毛症、これは通常よく耳にする男性型脱毛症(AGA; Andorogenetic Alopecia)のことを指します。

年齢的には壮年性とあるように働き盛りである40~50歳で多く発症します。

男性におけるもっとも一般的な脱毛症、薄毛の原因ですね。じつは管理人である私もこれです^^;

壮年性脱毛症の症状

壮年性脱毛症の症状は、頭頂部(頭のてっぺん)や前頭部(額)から発生することが多いです。
頭部から毛が抜けた部分の形をアルファベットになぞらえてO字型ハゲ、M字型ハゲ、U字型ハゲなどとも呼ばれています。

hage-O

これはO字型はげ
頭頂部から頭髪が徐々に薄くなっていき、それが全体に広がっていきます。

このイラストでは、脱毛した部分がまだあまり広がっておらず、正面からではあまりはっきりわかりません^^;


hage-MこちらはM字型はげ
前頭部から真ん中を残すような形で生え際から後退していきます。


hage-UそしてこちらはU字型ハゲ
こちらも前頭部の生え際から後退していきますが、M字型のように生え残る部分がありません。

あまり進行していなければ、ちょっとおでこが広い人だな、くらいの印象ですね。

実際にはこれらが同時に進行していくこともありますし、異なった形で脱毛が進んでいくこともあります。

壮年性脱毛症の発症のしくみ

抜け毛どのように壮年性脱毛症が起こるのか説明します。
ちょっと難しいので読まずに飛ばしてしまってもいいと思います。(『まとめ』へジャンプ)


壮年性脱毛症は、男性ホルモンの一つであるテストステロンが大きく関係しています。

テストステロンが多いと、筋肉質のカラダになるとか胸毛などの体毛が濃くなるけどハゲる、などとよく聞きます。では、テストステロンが多ければ多いほどハゲになりやすいのでしょうか?

話しはそんな単純な話ではないんです。

それを説明するために、まずヘアサイクルについて説明しましょう。

髪の毛の一生

髪の毛の一生を簡単に説明すると次のようになります。

ヘアサイクル 説明 期間
1. 成長期 毛が生え始めてから、
成長が止まるまでの期間
2~6年
2. 退行期 成長期と休止期の間の期間 約2週間
3. 休止期 毛根が退化して毛が抜けるまでの期間 約3か月
4. 成長期へ移行する

休止期で、髪が抜けてしまったらそれでおしまいという訳ではなく、また同じ毛根で1.~3. を繰り返します。これをヘアサイクルと呼びます。

どうして毛が抜けるの?

結論から言いますと、ジヒドロテストステロンというホルモンによる作用が、成長中の髪の毛をヘアサイクルの退行期へと移行させてしまうからなのです。

このため細く短い髪の毛が多くなり、十分に成長する前に抜けてしまうのです。多くの髪の毛でこのような状態が続けば、成長するより抜けてしまう髪の毛がの方が多くなりますので、結果として薄毛となってしまいます。

つまりジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を邪魔しているのです。

では、このジヒドロテストステロンとは何者でしょう?
じつはテストステロンの変化したものなのです。

壮年性脱毛症が発症するかどうかは遺伝に左右される?

個々人が、

  • テストステロンをどのくらい持っているか
  • さらに、ジヒドロテストステロンの作用によって、どのくらい髪の毛の成長が邪魔されるのか

は、すべて遺伝の影響を受けます。

また、いつ発症するか?には、あなたの年齢も大きく関係しています。一般的には歳をとるにつれて発症する確率は高くなりますが、10代後半から20代で発症してしまうひともいます。

じゃあ、壮年性脱毛症は予防や対策なんてできないんじゃないの?

はい、残念ですが、今現在は、まったく発症しないようにしたり、発症した後の治療で完全に治す方法は見つかっていません。

しかし、壮年性脱毛症(男性型脱毛症)の発症の仕組みがすべて解明されているわけでなく、まだ分かっていない別の要因もあることは確かなのです。

それが何なのかは分かりませんが、生活習慣にも関係がありそうです。壮年性の脱毛症に限ったことではありませんが、脱毛症の発症と生活習慣が関係していることは明らかなのです。

そのため、生活習慣を改善して、脱毛症の発症のきっかけとなるような悪い要因をできるだけ排除する、ということはかなずしも無意味ことではない、と管理人は思っています。

まとめ

壮年性脱毛症の発症についてまとめますね。

  • 壮年性脱毛症は遺伝に関係している。
  • しかし発症するかどうかは遺伝のみでは決まらない
  • 年齢にも関係している
  • まだ分からない別の発症要因が存在している
  • 完全な予防法、治療法はまだ見つかっていない

ではどのような生活習慣が関係しており、どのようしたら脱毛症の予防や対策が行えるのか? これについては薄毛と生活習慣で説明していますのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ