薄毛、抜け毛はもう怖くありません。正しい知識を身に付け正しい対策で悩みを解決しましょう。

menu

薄毛、ハゲの悩みを解決します

aga-low

若年性脱毛症とは、男性型脱毛症のうち特に20~30歳で発症するものを言います。とくに最近では10代で発症する人もいます。

若ハゲ、などとも呼ばれていますが、この言い方は心に突き刺さります。
日本など東アジアの一部の国では、若い人のハゲを軽蔑するような風潮もあり、“若ハゲ”などと言われると馬鹿にされているように感じることが多いですね。

ちなみに、この“若ハゲ”と言う言葉、そして“若年性脱毛症”という言葉も、実は正式な病名ではありません。若いのに薄毛になってしまったその状態を表すのに一般に広く使用されている言葉です。

若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違い

若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違いは、その発症年齢です。
したがいまして、症状や原因、対策については『壮年性脱毛症』をご覧ください。

円形脱毛症との違い

若い人がかかる脱毛症に円形脱毛症があります。こちらも“若ハゲ”の一種のように思われるかもしれませんが、若ハゲ(若年性脱毛症)と円形脱毛症とはまったく別のものです。

若年性脱毛症(男性型脱毛症)は男性ホルモンの作用によるもので、その進行はゆっくりしています。

しかし円形脱毛症は、ある日突然に、いきなり毛が抜け落ちる病気です。原因については、遺伝や免疫機能が考えられていますが、はっきりとしたことはまだ分かっていません。円形脱毛症の詳しいことは『円形脱毛症』をご覧ください。



スポンサーリンク

関連記事

あなたの応援が
記事更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ